「性犯罪への傾向根深い」と求刑超える判決 鹿児島地裁

鹿児島県出水市で4月に女子中学生を襲いけがをさせたなどとして強制わいせつ致傷罪などに問われた熊本県津奈木(つなぎ)町福浜、無職、長浜雄介被告(23)の裁判員裁判で、鹿児島地裁(岩田光生裁判長)は11日、求刑(懲役7年)を上回る懲役8年の実刑判決を言い渡した。岩田裁判長は、別のわいせつ事件で有罪判決を受け執行猶予中の事件だったことを踏まえ「性犯罪への傾向は根深い」と指摘した。

性犯罪は被害者をずっと苦しめます。求刑が重くなるのは私も望んでいます。

引用:https://mainichi.jp/articles/20191011/k00/00m/040/324000c